日別: 2017年4月18日

レーザー治療後のケア

ニキビ跡の治療にはやっぱり美容皮膚科によるレーザー治療がおすすめ。徹底的にクレーターを改善する技術も今では進化しています。そのため実際の状態より確実に良い状態に変化すると言えるでしょう。そんなレーザー治療ですが、やはり治療後にはセルフケアが必要になります。そこでレーザー治療の後のケアについて考えてみましょう。

レーザー治療の種類によってもホームケアはとても重要です。まず自宅ではガーゼなどで施術を行ったところを保護することになります。施術後約1週間程度はガーゼや保護テープが必要です。肌はとても敏感になっているので、清潔に保つことも重要。1週間ほどでかさぶたになるので、そうなるまではしっかり保護することになります。

そして化膿をすることもあるので、処方された化膿止めの薬は必ず使用しましょう。殺菌力の強い薬なので毎日指示どおりに塗るようにします。また施術後数日は飲み薬が出ることがあったり、炎症が起こったら飲むように処方される飲み薬があるかも知れません。

そして治療をしている間は、特に紫外線から施術部分を守ることはとても重要です。施術後の紫外線は強いシミの原因にもなります。特に外出を控えたり帽子や日傘などでしっかり紫外線から肌を守ることが大切です。特に施術後1週間はしっかりホームケアが必要な時期となります。